病院見学(医学生)はこちら
歯科医師臨床研修医募集について

 

半田病院 看護局へ

 

面会時間について

 

 

 

Facebookページのご紹介
半田病院Facebookページ運用規定

 

院長への手紙

半田病院に対するご意見・ご質問を
お聞かせ下さい。


かかりつけ医を検索いたします。


当院が紹介されています。

 

お知らせ

がん診療への取組について
専門医(後期)研修について
医療費滞納者の方へ
クオリティ インディケータ(QI)
半田病院データ集


病院事業経営の改革

将来計画及び第2次改革プラン
半田病院経営評価委員会

 

リンク

半田市公式ホームページ
半田常滑看護専門学校

 

脳神経外科

脳神経外科の概要・方針

 当院の脳神経外科は昭和57年に開設され、知多半島の中核病院として皆様の診療にあたってきました。
 脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷をはじめとする脳神経疾患全般に対し、24時間体制にて対応しています。従来からの開頭手術等の脳神経外科手術はもちろんのこと、最近脚光を浴びている頭にメスを入れずに治療をする脳血管内手術や定位放射線治療も当院では、早くから行われ、良好な治療成績を残しています。


診療内容と特色

脳血管障害 くも膜下出血(脳動脈瘤破裂)、未破裂脳動脈瘤、脳出血、
脳梗塞(脳血栓、脳塞栓)、脳動静脈奇形、脳動脈・頚動脈狭窄・閉塞症、
硬膜動静脈瘻など
頭部外傷 急性硬下血腫、急性硬膜外血腫、慢性硬膜下血腫、脳挫傷など
脳脊髄腫瘍 神経膠腫、髄膜腫、下垂体腫瘍、神経鞘腫、下垂体腫瘍、転移性脳腫瘍など
水頭症
くも膜嚢胞
小児脳神経疾患
 
機能脳神経外科 三叉神経痛、顔面けいれん
脊椎・脊髄疾患  
その他 髄膜炎、頭痛、めまい、パーキンソン病、てんかん、痴呆症など
脳ドック  

 

  • 脳卒中や頭部外傷等の緊急を要する患者さんが多いため、24時間対応できる体制をとっています。
  • 脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血や未破裂脳動脈瘤に対する治療として、開頭クリッピング手術(動脈瘤にクリップをかけて処置する)、血管内治療による脳動脈瘤塞栓術(マイクロカテーテルを脳動脈瘤まで導入し、マイクロコイルで血管の中から動脈瘤をつめる)を年齢、状態、部位を考慮して選択しています。
  • 脳出血に対しては、中等大以上の大きさものは、手術になることもありますが、多くは点滴治療後、リハビリテーションをすることになります。
    手術は、緊急を要する場合は開頭術、あるいは、神経内視鏡を用いた血腫除去術(小さな骨孔からカメラを入れて行います)を行っています。
  • 脳梗塞(脳血栓症、脳塞栓症)に対しては、MRIにて急性期の脳梗塞部位、閉塞血管を検索し、場合によってはt-PA静注療法を行っております。この治療法には、種々の制限があり全ての患者さんに対して行える治療法ではありません。適応となる代表的な患者さんは、以下に挙げるような場合です。
    ・発症時間が特定されて、発症から3時間以内に投与開始できる場合
    ・治療前のCT/MRI検査にて、脳梗塞の所見 が全くないかごく軽微な場合
    ・脳梗塞の症状が軽症から中等症ぐらいの場合
    ・t-PA使用の禁忌となる血液検査の異常や、過去に重大な病気のない場合
    脳梗塞の多くは点滴治療・リハビリ治療になることが多いのですが、頚動脈狭窄や閉塞例では、頚動脈を拡張する手術やバイパス手術を行うことがあります。当院では、脳循環血液量をアイソトープによる定量検査で正確に測定して、脳虚血領域の判定や手術適応を検討しています。
  • 脳腫瘍に対しては、基本的には顕微鏡下に開頭腫瘍摘出術を行っています。
    下垂体腫瘍に対しては、経鼻内視鏡下手術(鼻腔内粘膜を切開し、カメラを入れて行います)を行います。
    化学療法を要する場合は、名古屋大学付属病院脳神経外科脳腫瘍グループの治療指針に基づいて治療を行っています。
  • 転移性脳腫瘍、深部腫瘍、脳動静脈奇形に対しては、定位性放射線治療(最新の治療用コンピューター機器にて正確に計測した腫瘍部位にX線を狙い撃ちすることで縮小させる治療)を放射線科と協力して積極的に取り組んでいます。
    手術と同様な効果を期待して行われるので、Xナイフとも呼んでいます。
    入院に要するのは数日で、従来の放射線治療に要した入院日数の約十分の一で済みます。
  • 脳血管内治療とは、手術室で行う開頭術と違って、メスを用いず、放射線科の血管撮影室にて行い、局所麻酔下にて大腿部の付け根または肘の動脈より、血管内経由でマイクロカテーテルを用いて、病変部に到達して行う治療です。
    [主な治療対象]
    ・脳動脈瘤、脳動静脈奇形、頚動脈海面静脈洞瘻、硬膜動静脈瘻 : 塞栓術
    ・急性期脳動脈閉塞 : 血栓溶解術
    ・頭蓋内脳動脈狭窄、頚動脈狭窄、椎骨動脈狭窄 : 血管拡張術
    ・血管豊富な脳腫瘍、頭頚部腫瘍 : 手術前の塞栓術
    ・その他、難治性鼻出血など

スタッフ紹介

役職 氏名 専門医・認定医・指導医 医師資格取得年
副院長
渡邉 和彦
  • 日本脳神経外科学会指導医・専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 医学博士
  • 名古屋大学臨床准教授
  • 臨床研修指導医
平成3年
統括部長 栗本 太志
  • 日本脳神経外科学会指導医・専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本神経内視鏡学会技術認定医
  • 医学博士
  • 臨床研修指導医
平成9年
部長 中村 茂和
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脊髄外科学会認定医
平成14年
医長 田島 隼人
  • 日本脳神経外科学会専門医・指導医
  • 日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医
  • 日本神経内視鏡学会技術認定医
  • 医学博士
平成19年
医師 阿部 節   平成26年
医師 木村 啓佑   平成27年
名誉院長
(非常勤医師)
中根 藤七
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医
  • 日本認知症学会指導医・専門医
  • 医学博士
  • 日本医師会認定産業医
  • ICD(認定インフェクションコントロールドクター)
昭和48年

診療実績 

・疾患別頻度

  平成28年度 平成29年度
脳腫瘍 42 43
破裂脳動脈瘤 40 38
未破裂脳動脈瘤 18 52
脳出血 137 126
閉塞性疾患 379 339
頭部外傷 79 121
脊椎脊髄疾患 5 4
水頭症 2 10
感染症 6 4
てんかん 32 31
その他 48 58
合計 788 826

 

・手術等症例件数

  平成28年度 平成29年度
脳腫瘍 摘出術 18 20
その他 0 0
脳血管障害 破裂・未破裂脳動脈瘤 24 29
脳動静脈奇形 2 3
頚動脈内膜剥離 13 5
バイパス術 8 14
高血圧性脳内出血(開頭血腫除去術) 23 24
外傷 急性硬膜下血腫 4 5
急性硬膜外血腫 2 5
慢性硬膜下血腫 65 70
水頭症 脳室シャント術 16 14
内視鏡手術 0 2
脊椎・脊髄 椎弓形成術 4 0
機能的手術 三叉神経痛、顔面痙攣に対する脳神経減圧術 6 3
その他 脳梗塞等に対する減圧開頭術 4 4
頭蓋形成術 7 9
髄液漏閉鎖術 3 1
気管切開術 3 6
その他の手術 5 15
試験開頭 0 0
脳室ドレナージ 11 11
血管内治療 rt-PA 静注療法 10 12
血栓回収療法 4 13
血管塞栓術 33 25
頚動脈ステント留置術 13 16
脳血管造影(DSA) 137 131

 


主な医療機器

  • 高性能CT 2台(ヘリカルCT,マルチスライスCTによる3次元血管撮影)
  • MRI 2台(1.5テスラー高性能MRI 急性期脳梗塞診断、脳血管撮像)
  • 血管撮影装置(DSA)
  • 脳血流シンチグラム(SPECTによる脳血流定量)
  • 脳外科手術用顕微鏡
  • 神経内視鏡
  • 超音波メス
  • ドップラー血流計
  • 頭蓋内圧モニター
  • ナビゲーションシステム

脳神経外科専門医研修プログラム

救急外来にみえる脳神経疾患(くも膜下出血、脳出血、重症頭部外傷等)は、一刻を争うことがしばしばある。いかに対応するかで、患者の生命予後が大きく左右されてしまうことがある。また、2006年より、tPAの急性期脳梗塞への適応拡大により、脳梗塞患者の3時間以内の治療の重要性が、声高となり、ますます、神経救急の比重が高まっている現今である。

 目標

  • 救急外来にて迅速、正確に意識レベル、神経症状を判断評価できる
  • 意識レベル:Japan Coma Scale,Glasgow Coma Scale
  • 瞳孔所見:大きさ、不同の有無と程度、対光反射
  • 麻痺の有無と程度
  • 頭蓋内圧亢進症状 等 ・・・

脳ヘルニアを起こしている、あるいは、起こす恐れがあるか、すばやく判断予測 できるかが、患者の生死に直結する。後でしてもよい処置は(創処置、バルン 挿入、心電図等)は、後回しにして、直ちにCT検査による診断を行う。

脳卒中の場合、迅速に血圧のコントロールが行えること。必要に応じて、鎮痛、 鎮静薬を投与する。薬の投与をするだけではいけない。必ず血圧が下がるまで測定すること。

頭部CTの読影が確実にできる。
特に少量のSAHや脳幹の小病変を見落とさないように!
等吸収値の腫瘍病変等も要注意!
そのためには正常脳のCT所見をよく理解しておく必要がある。
頭部MRIが読影できる。
脳血管撮影(3DCTA、カテーテル検査)ができ、読影ができる。

脳梗塞急性期のtPA治療適応患者を見極める評価、修練をし、講習を受けて、 使用できるようにする。

脳神経外科の上級医に臨床所見、画像所見を正確に伝え、相談ができる。
緊急手術の適応があるか、待機ができるか、判断ができる。
手術の準備ができる。
症例検討会で症例呈示ができる。
年に数回学会発表や学会参加をする。

年次が進むことによって携わってゆく手術は、ほぼ以下のとおりです。
慢性硬膜下血腫、脳室ドレナージ、水頭症手術、気管切開術
急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、脳挫傷
脳腫脹著名な脳梗塞の減圧開頭術
脳出血:皮質下出血、被殻出血、定位的脳内血腫吸引術、小脳出血
表在性脳腫瘍
未破裂脳動脈瘤 等 ・・・
を、技量に応じて手術を行っていきますが、それまでに助手に数多くつき、 手術書を読んだり、手術ビデオをよく見たり、修練を重ねていってください。 脳神経外科手術は、マイクロサージェリーに加わるようになると、特別な世界となります。またバイパス手術のために、練習用の顕微鏡が外来に備えてありますので、いつでもマイクロ吻合の練習ができます。

脳神経外科専門医は卒後7年目に受験可能です。
その他、脳卒中、脳神経血管内治療、脊髄外科学会等の専門医があります。
名古屋大学脳神経外科へ入局した場合、6年目頃に大学病院へ戻り、研究、臨床生活に入ることになります。大学院希望の道ももちろんあります。

症状を患者、患者家族に、親身に分かりやすく、納得してもらえるように、根気よく、説明できることが大事です。というのは、多くが急性疾患であり、意識障害があると、患者本人より、その家族に説明を真っ先にしなければならないことが多く、家族も大変動揺しているケースが多いからです。
それが患者との信頼関係を築いていく一歩です。

大変なところもありますが、やり甲斐のある診療科です。
頑張って素晴らしい脳神経外科医を目指してください。


その他

・当科では、できるだけわかりやすく病状や治療方針の説明をいたすよう努めています。
 また、重症患者さんや術後管理を厳重に必要とする場合は、集中治療室で管理をして 行きます。さらに看護師、理学療法士と協力して、早期離床をはかっています。

『物忘れ外来を始めます』(平成29年3月~)