医師臨床研修について
歯科医師臨床研修医募集について

 

半田病院 看護局へ

 

面会時間について

 

 

 

 

Facebookページのご紹介
半田病院Facebookページ運用規定

 

院長への手紙

半田病院に対するご意見・ご質問を
お聞かせ下さい。


かかりつけ医を検索いたします。


当院が紹介されています。

 

お知らせ

がん診療への取組について
専門医(後期)研修について
医療費滞納者の方へ
クオリティ インディケータ(QI)
半田病院データ集


病院事業経営の改革

将来計画及び第2次改革プラン
半田病院経営評価委員会

 

リンク

半田市公式ホームページ
半田常滑看護専門学校

 

平成27年度 半田病院 病院指標について

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数 

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1160 218 280 573 672 833 1950 2778 1964 421

 

平成27年度に当院を退院された患者さんの年齢を10歳刻みで集計しています。当院の入院患者は60歳~80歳代が多く、60歳以上の患者さんが約60%を占めています。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x
短観(肝内外)結石、胆管炎、限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
125 9.3 10.93 2.40% 72.2 -
060140xx97x00x
胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、憂悶狭窄(穿孔を伴わないもの)その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
59 8.5 11.00 1.69% 71.4 -
060020xx04x0xx
胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし
52 7.4 9.20 0.00% 70.5 -

消化器内科で多い症例は、胆管結石や胆管炎などの胆道系の疾患です。総胆管結石では、内視鏡的に十二指腸乳頭を切開し、砕石術を行っています。その他、胃十二指腸潰瘍や胃がんの内視鏡的治療の症例が多くなっています。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx
肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし
284 13.5 14.34 2.46% 75.0 -
040040xx9900xx
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
86 16.3 15.00 4.65% 73.0 -
040040xx9904xx
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり
79 14.8 13.38 0.00% 68.7 -

呼吸器内科で多い症例は、各種肺炎です。続いて肺がんの症例が多くなっています。肺炎は平均年齢が75歳と高く、全国平均の平均在院日数と比較してやや短い入院日数となっています。肺がんでは全国と比較してやや長い入院日数となっています。

腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
61 11.3 13.64 1.63% 87.9 -
110280xx99010x
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし
27 12.2 15.39 0.00% 68.2 -
040080x099x0xx
肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし
25 15.8 14.34 0.00% 78.8 -

腎臓内科では医師・看護師・管理栄養士・臨床検査技師・薬剤師・臨床工学士なで、多彩なメンバーにより「腎臓サポートチーム」を結成し、多角的に「慢性腎臓病」対策に取り組んでいます。

糖尿病・内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx
2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)
96 14.2 15.35 1.04% 58.8 -
100040xxxxx00x
糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
15 17.8 14.20 0.00% 54.1 -
040081xx99x00x
誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
15 17.5 21.69 6.66% 88.5 -

糖尿病は患者一人ひとりの顔が違うように、状態もそれぞれ違います。血糖が高くなる原因を調べ、その患者さんにあった治療を選択するように心がけています。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x
狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
212 3.7 3.07 14.1% 67.7 -
050050xx0200xx
狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし
189 4.7 4.87 0.00% 70.5 -
050130xx99000x
心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
144 15.4 18.30 2.77% 81.9 -

循環器内科では狭心症など慢性虚血性心疾患の症例が多く、続いて心不全の症例が多くなっています。救命するために一刻を争う疾患が循環器疾患に多いのが特徴であり、救急診療に対応できる体制を整えています。

神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x
脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし
- - 18.08 - - -
010060x099000x
脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
- - 15.80 - - -
010230xx99x00x
てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
- - 7.03 - - -

神経内科は、脳や脊髄、末梢神経、筋肉の病気を診る内科です。名古屋大学神経内科のサポートを受け、神経疾患にお悩みの地域の方々に貢献すべく治療を行っています。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx0100xx
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
76 14.0 17.41 1.31% 70.1 -
060150xx03xx0x
虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病なし
71 4.0 5.56 0.00% 33.2 -
060330xx02xxxx
胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等
70 5.8 6.96 0.00% 61.9 -

外科で多い症例は、結腸悪性腫瘍で手術を実施している症例です。開腹手術の他、患者の負担を軽くできる腹腔鏡による結腸切除術を行っています。続いて、虫垂炎、胆嚢疾患が多い症例となっています。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x
脳梗塞
(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし
113 14.9 18.08 38.05% 71.7 -
010040x199x00x
非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
56 20.5 21.20 51.78% 67.8 -
010050xx02x00x
非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
46 13.0 11.91 21.73% 78.8 -

脳神経外科で多い症例は脳梗塞です。続いて非外傷性頭蓋内血腫、非外傷性硬膜下血腫が多い症例となっています。いずれも緊急を要する患者さんが多いため、24時間対応できる体制をとっています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx
股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等
207 18.8 28.70 82.60% 81.6 -
160760xx97xx0x
前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし
69 3.0 5.70 1.44% 58.6 -
160800xx97xxxx
股関節大腿近位骨折 その他の手術あり
57 12.1 20.64 54.38% 69.8 -

整形外科で多い症例は股関節大腿近位骨折で人工骨頭挿入術を実施しているものです。続いて前腕の骨折、股関節大腿近位骨折でその他の手術のものが多い症例となっています。大腿骨近位骨折は平均年齢も高く、寝たきりになる原因ともなるため、早期の手術トリハビリテーションが重要であり、地域のリハビリ施設などと連携して切れ目のない地域完結型医療を行っています。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx
肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし
210 4.1 5.72 0.00% 2.4 -
030270xxxxxxxx
上気道炎
115 3.4 4.83 0.00% 1.6 -
040100xxxxx00x
喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
113 4.7 6.31 0.00% 3.1 -

小児科で多い症例は肺炎、急性気管支炎が一番多く、続いて上気道炎、喘息となっています。原則として中学生までのお子さんの内科疾患全般にわたり診療を行っています。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0
白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼
20 3.4 3.01 0.00% 72.3 -
020210xx01xxxx
網膜血管閉塞症 増殖性硝子体網膜症手術
- - 12.29 - - -
020120xxxxxxxx
急性前部ぶどう膜炎
- - 11.04 - - -

眼科では白内障手術の症例が一番多くなっています。白内障、緑内障、糖尿病網膜症の手術やレーザー治療などを行っています。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx01xxxx
子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等
87 8.7 10.18 0.00% 46.1 -
120180xx01xxxx
胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等
82 7.5 9.94 0.00% 33.2 -
120070xx01xxxx
卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等
43 8.5 10.43 0.00% 474 -

産婦人科で多い症例は子宮の良性腫瘍です。続いて胎児及び胎児付属物の異常、卵巣の良性腫瘍となっています。がんを含めた子宮・卵巣腫瘍などあらゆる婦人科疾患を取り扱い、半田市を含め周辺地域から多くの患者さんが受診されています。

耳鼻いんこう科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx
慢性副鼻腔炎
55 7.7 7.76 0.00% 57.2 -
030230xxxxxxxx
扁桃、アデノイドの慢性疾患
48 7.2 8.20 0.00% 17.1 -
030250xx970xxx
睡眠時無呼吸 手術あり 手術・処置等1なし
37 7.9 8.77 0.00% 5.4 -

耳鼻いんこう科で多い症例は慢性副鼻腔炎です。続いて扁桃、アデノイドの慢性疾患、睡眠時無呼吸となっています。耳鼻いんこう科全般を対象に治療を行っています。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx
急性膿皮症 手術なし
35 10.0 11.97 0.00% 68.0 -
080020xxxxxxxx
帯状疱疹
12 8.6 8.97 0.00% 66.0 -
080011xx970x0x
急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし 定義副傷病なし
- - 17.84 - - -

皮膚科で多い症例は急性膿皮症の手術なしの症例です。続いて帯状疱疹、急性膿皮症手術ありとなっています。一般的な皮膚疾患すべてを対象としています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx
膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
133 5.4 7.59 0.00% 74.4 -
11012xxx020x0x
上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし
55 5.3 5.91 1.81% 61.6 -
110200xx02xxxx
前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術
40 7.4 10.25 0.00% 72.8 -

泌尿器科で多い症例は膀胱悪性腫瘍手術で、続いて上部尿管疾患、前立腺肥大症等となっています。尿路(腎・尿管・膀胱・尿道)及び男性生殖器(前立腺・精巣・陰茎)に発生する悪性腫瘍・良性疾患・感染症を扱っています。

心臓外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0101xx
狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり
- - 23.57 - - -
14029xxx01x0xx
動脈管開存症、心房中隔欠損症 弁形成術等 手術・処置等2なし
- - 15.27 - - -
050163xx02x1xx
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等21あり
- - 22.62 - - -

心臓外科では虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)・弁膜症・大動脈疾患などに対する手術を行っています。時には緊急手術を必要とすることもあり、緊急手術にも対応できるようにしていきます。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 39 7 19 6 80 62 1 7
大腸癌 32 20 55 6 114 31 1 7
乳癌 23 33 8 5 7 4 1 7
肺癌 18 2 41 111 65 44 1 7
肝癌 0 1 0 0 38 53 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

罹患率の高い5つのがん(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)を病期(ステージ)ごとに入院した患者の数を集計したものです。「不明」は集計の段階で診断途中の患者や、がん以外の重篤な疾患のために精査を見合わせている症例が含まれています。当院は、がん診療連携拠点病院の機能を備えており、総合的ながん医療を提供しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 43 7.33 54.00
重症度 1 97 15.93 74.81
重症度 2 120 13.99 79.01
重症度 3 47 14.81 82.83
重症度 4 14 20.86 84.14
重症度 5 1 10.00 83.00
不明 5 19.00 83.00

成人(20歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。当院では「重症度2」の症例が最も多く、全体の約37%を占めています。高齢者ほど重症率が高くなる傾向にあり、平均在院日数も長めとなっています。

脳梗塞のICD10別患者数等

ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 3 8.00 78.67 0.00%
その他 2 3.50 75.50 0.00%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 - - -
その他 0 - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 225 18.84 74.19 42.22%
その他 15 21.07 68.53 46.67%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 - - -
その他 39 8.85 72.51 5.13%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 3 11.33 70.00 0.00%
その他 4 9.75 49.00 0.00%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 1 13.00 74.00 0.00%
その他 1 2.00 59.00 0.00%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 - - -
その他 1 2.00 91.00 0.00%-

脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しています。当院では脳卒中地域連携パスを整備しており、地域の回復期病院や開業医と連携体制を整え、早期退院を進めています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)

ファイルをダウンロード

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688
内視鏡的胆道ステント留置術
99 0.6 13.1 3.03% 74.3 -
K654
内視鏡的消化管止血術
95 0.5 9.2 2.10% 69.8 -
K7211
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
80 1.5 3.5 0.00% 76.0 -

消化器内科では、患者さんへの負担が少ない内視鏡を使った胆道ステント留置術、消化管止血術、結腸ポリープの切除術といった手術の症例が多くなっています。

呼吸器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0011
皮膚切開術(長径10cm未満)
3 11.0 11.3 0.00% 79.0 -
K664
胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
2 41.0 43.0 50.00% 76.0 -
K0461
骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿
2 11.5 25.0 50.00% 77.0 -

指標に挙がっている手術はそれぞれ、皮膚切開術は皮膚科、胃瘻造設術は消化器内科、骨折観血的手術は整形外科で行われる手術です。これらが呼吸器内科の指標に挙がっている理由は、各診療科からの転科により集計上呼吸器内科に入院した患者さんに対して行われた手術だからです。

腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3
内シャント設置術
37 5.5 13.1 2.70% 64.5 -
K6146
血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈)
13 3.1 21.5 7.69% 73.3 -
K0002
創傷処理 筋肉、臓器に達するもの(長径5センチメートル以上10センチメートル未満)
9 4.8 33.8 11.11% 66.4 -

腎臓内科で行われる手術は、内シャント設置術、血管移植術、バイパス移植術などです。

糖尿病科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654
内視鏡的消化管止血術
3 4.7 20.7 33.33% 70.3 -
K2762
網膜光凝固術 その他特殊なもの(一連につき)
3 8.7 6.0 0.00% 48.3 -
K0011
皮膚切開術(長径10cm未満)
2 3.5 15.0 0.00% 46.0 -

指標に挙がっている手術はそれぞれ、内視鏡的消化管止血術は消化器内科、網膜光凝固術は眼科、皮膚切開術は皮膚科で行われる手術です。これらが糖尿病・内分泌内科の指標に挙がっている理由は、各診療科からの転科により集計上糖尿病・内分泌内科に入院した患者さんに対して行われた手術だからです。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493
経皮的冠動脈ステント留置術(その他)
133 2.0 3.4 0.75% 70.2 -
K5491
経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)
71 0.0 12.7 2.81% 67.2 -
K5972
ペースメーカー移植術(経静脈電極)
42 2.1 12.0 0.00% 76.2 -

循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術といった心臓カテーテル治療の症例数が多くなっています。心臓カテーテル治療は、腕や足の血管から心臓まで管を通して病変を治療する方法です。その他、ペースメーカーを埋込む手術が多い症例となっています。

神経内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664
胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
1 25.0 25.0 100.00% 48.0 -
K0005
創傷処理(筋肉、臓器に達しない)(長径5cm以上10cm未満)
1 0.0 0.0 0.00% 85.0 -

指標に挙がっている手術はそれぞれ、胃瘻造設術は消化器内科、創傷処理は外科等で行われる手術です。これらが神経内科の指標に挙がっている理由は、各診療科からの転科により集計神経内科に入院した患者さんに対して行われた手術だからです。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2
腹腔鏡下胆嚢摘出術
112 1.5 3.6 0.00% 61.4 -
K6335
鼠径ヘルニア手術
97 1.2 2.3 0.00% 71.4 -
K718-21
腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)
70 0.5 2.4 0.00% 32.8 -

外科では、患者さんへの負担が少ない腹腔鏡を使った胆嚢摘出術の症例が最も多くなっています。続いて鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡による虫垂切除術の症例が多くなっています。腹腔鏡を使うことにより、入院日数の短縮にもつながっています。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
55 0.4 13.8 21.81% 79.5 -
K1771
脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)
27 0.7 36.0 44.44% 61.4 -
K609-2
経皮的頸動脈ステント留置術
18 5.3 7.9 5.55% 75.7 -

脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。慢性硬膜下血腫に対して、頭蓋から血腫を洗浄除去する手術です。次いで多いのが脳動脈瘤頚部クリッピングです。脳動脈にできた瘤にクリップを掛けて瘤の増大、破裂を防ぐことができます。続いて多いのは経皮的頚動脈ステント留置術です。手や足から管を通し、頸動脈の血流を良くする手術です。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461
骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿
166 1.7 13.6 66.26% 75.2 -
K0811
人工骨頭挿入術 肩、股
86 5.0 15.1 84.88% 80.9 -
K0462
骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨
80 0.9 5.4 17.50% 61.1 -

整形外科で最も多い手術は骨折観血的手術で、その内大腿骨に係るものが8割を超えています。次いで多い手術は人工骨頭挿入術で股関節に係るものがほとんどです。3番目に多い手術は骨折観血的手術の前腕、下腿で前腕部が6割を超えています。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151
腸重積症整復術 非観血的なもの
4 0.0 3.0 0.00% 2.5 -
K653-3
内視鏡的食道及び胃内異物摘出術
4 0.0 1.0 0.00% 2.8 -
K386
気管切開術
1 8.0 21.0 0.00% 15.0 -

小児科で多い手術は腸重積症整復術と内視鏡的食道及び胃内異物摘出術です。腸重積の整復は薬剤及び徒手によるものです。異物摘出術は内視鏡により誤飲された異物を摘出したものです。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ
水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他)
139 0.0 2.1 0.00% 73.4 -
K281
増殖性硝子体網膜症手術
2 1.0 10.0 0.00% 67.0 -
K278
硝子体注入・吸引術
1 0.0 11.0 0.00% 68.0 -

眼科の入院はほとんどが手術目的となります。最も多い症例は水晶体再建術で白内障に対して眼内レンズを挿入するものです。その他、増殖性硝子体網膜症手術、硝子体注入・吸引術となっています。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877
子宮全摘術
120 1.0 6.8 0.00% 49.8 -
K8982
帝王切開術(選択帝王切開)
109 2.1 5.6 0.00% 32.8 -
K8881
子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹)
106 1.0 6.8 0.00% 49.7 -

産婦人科で最も多い手術は子宮筋腫や卵巣腫瘍、子宮癌等に対する子宮全摘術です。次いで選択的帝王切開、卵巣腫瘍等摘出術となっています。

耳鼻いんこう科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K370
アデノイド切除術
81 1.0 4.8 0.00% 5.6 -
K3772
口蓋扁桃手術摘出
81 1.0 6.0 0.00% 13.4 -
K309
鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術
37 1.0 2.9 0.00% 6.3 -

耳鼻いんこう科の手術で最も多いのは、アデノイド切除術と口蓋扁桃摘出術です。これらの手術は7割以上は同時に施術されています。その他、中耳炎等に対する鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術が指標に挙げられています。

皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0011
皮膚切開術(長径10cm未満)
12 3.2 14.5 8.33% 64.8 -
K0053
皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上)
4 1.0 3.5 0.00% 52.5 -
K0063
皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上)
3 1.0 5.7 0.00% 57.3 -

皮膚科では、皮膚切開術や腫瘍摘出術を行っています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ
膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他)
142 1.6 3.6 0.00% 74.3 -
K783-2
経尿道的尿管ステント留置術
57 2.1 9.3 3.50% 71.8 -
K7811
経尿道的尿路結石除去術(レーザー)
51 1.5 3.8 1.96% 63.6 -

泌尿器科で最も多い手術は、膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他)で膀胱癌に対するものです。続いて、狭くなったり塞がってしまった尿管の治療のための系尿道的尿管ステント留置術が行われています。その他、レーザーによる尿路結石除去術を行っています。

心臓外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K923
術中術後自己血回収術
10 4.3 16.4 0.00% 68.9 -
K6011
人工心肺(初日)
8 4.3 17.5 0.00% 68.4 -
K5522
冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上)
4 4.5 17.3 0.00% 68.3 -

心臓外科としては指標に挙げられたとおりですが、他の疾患で他科に入院した患者さんに施術する症例が自己血回収術及び人工心肺でそれぞれ約40件、バイパス移植術で約20件あります。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 5 0.05%
異なる 27 0.25%
180010 敗血症 同一 46 0.42%
異なる 47 0.43%
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00%
異なる 5 0.05%
180040 手術・処置等の合併症 同一 46 0.42%
異なる 3 0.03%

播種性血管内凝固症候群や敗血症等について、入院の契機となった病名との同一性の有無を区別して症例数と発生率を示しています。

○更新履歴
  • 平成28年9月30日 公開