病院見学(医学生)はこちら
歯科医師臨床研修医募集について

 

半田病院 看護局へ

 

面会時間について

 

 

 

Facebookページのご紹介
半田病院Facebookページ運用規定

 

院長への手紙

半田病院に対するご意見・ご質問を
お聞かせ下さい。


かかりつけ医を検索いたします。


当院が紹介されています。

 

お知らせ

がん診療への取組について
専門医(後期)研修について
医療費滞納者の方へ
クオリティ インディケータ(QI)
半田病院データ集


病院事業経営の改革

将来計画及び第2次改革プラン
半田病院経営評価委員会

 

リンク

半田市公式ホームページ
半田常滑看護専門学校

 

平成29年度 半田市立半田病院  病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 910 179 277 456 637 831 1854 2786 2001 524
当院は地域医療支援病院であり、質の高い医療を幅広い年齢層の患者様に提供しています。総退院患者数は10,455人です。
全体でみると60歳以上の患者さんの割合は約68.5%(70歳以上の割合は50.7%)を占めています。

※平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんが対象となっており、年齢は入院時の年齢を基に集計しています。
※入院後24時間以内の死亡された症例や生後1週間以内に死亡された症例は、厚労省の公開ルールで集計対象外となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 193 4.29 4.62 0.00 69.48
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 170 13.90 17.71 5.29 80.44
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 152 3.20 3.03 1.32 67.35
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 114 3.18 3.19 0.00 70.15
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 11.92 11.21 1.89 75.98
循環器内科で多い症例は、虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)という心臓を取り巻く血管が狭窄し、心筋に十分な血液が送れなくなる疾患です。進行することで心臓の働きが弱ることや、血管が完全に閉塞することで心筋が壊死し、突然死に至ることがあります。治療法としましては、カテーテル検査、経皮的冠動脈形成術等を行っております。(詳しくは診療科別主要手術別患者参照)
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 75 4.35 5.94 0.00 1.17
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 57 4.26 6.03 0.00 2.12
030270xxxxxxxx 上気道炎 56 3.70 4.84 0.00 1.71
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 52 4.50 5.70 0.00 3.48
100380xxxxxxxx 体液量減少症 47 3.79 9.16 0.00 3.15
小児科では気管支炎やインフルエンザといった呼吸器疾患の症例が多くなっています。患者さんの平均年齢が1歳~3歳ほどであり、小さなお子さんの呼吸器治療の重要性が分かります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 110 4.19 5.56 0.00 37.19
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 68 7.35 8.98 1.47 68.03
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 66 6.12 6.64 0.00 61.14
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 59 14.53 15.61 3.39 72.71
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 36 8.81 10.15 2.78 66.75
外科で多い症例は虫垂炎です。日本では20-25%の人が一生のうちに罹ると言われ、頻度が高い疾患です。腹腔鏡下手術を行うことが多く、傷が小さく、早期退院することができます。また、胆嚢等の胆道疾患にも腹腔鏡下手術を行うことがあります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 224 18.41 27.09 79.02 82.40
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 97 2.66 5.21 2.06 59.08
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 65 14.43 19.94 66.15 77.46
160800xx97xxxx 股関節大腿近位骨折 その他の手術あり 62 15.11 19.73 69.35 75.58
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし 42 2.98 5.16 2.38 36.12
整形外科で多い症例は股関節大腿近位骨折で骨折観血的手術等を実施しているものです。平均年齢が82歳と高く、手術を行った後は、早期のリハビリが重要であり、地域連携パスを使用し、地域のリハビリ施設などと連携して切れ目のない地域完結型医療を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 82 17.30 21.36 43.90 72.26
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 63 9.71 11.75 20.63 79.22
010060x3990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10以上) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 45 13.20 21.29 35.56 72.09
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 7.66 7.34 2.44 56.07
010070xx9912xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等22あり 31 2.87 5.62 0.00 66.87
脳神経外科では、脳出血で緊急入院する患者さんや、脳血管障害を判断するために検査入院で脳血管造影やSPECT検査を行う患者さんがいます。また、SCU(脳卒中センター)を有するため、脳神経外科・神経内科の経験ある医師が24時間常駐し、開業医や救急隊から発症直後の患者さんを受け入れて迅速な診断・治療を始めます。
心臓外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 18 26.89 23.29 0.00 69.22
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
心臓外科で多い症例は狭心症によるバイパス手術です。カテーテル検査で様子を確認し、必要がある方はバイパス手術を行います。
(年間10件未満の件数については、表示しません)
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 54 7.59 9.75 3.70 32.72
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 53 8.72 9.91 0.00 49.06
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 38 7.55 9.67 0.00 33.55
120140xxxxxxxx 流産 25 1.20 2.43 4.00 31.36
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 20 9.20 10.27 0.00 54.90
産婦人科で多い症例は胎児及び胎児付属物の異常です。続いて子宮の良性腫瘍、卵巣の良性腫瘍となっています。がんを含めた子宮・卵巣腫瘍などあらゆる婦人科疾患を取り扱い、半田市を含め周辺地域から多くの患者さんが受診されています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 68 8.18 7.23 0.00 58.60
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 40 5.80 5.48 0.00 43.50
030428xxxxxxxx 突発性難聴 38 11.29 9.18 0.00 54.47
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 30 10.87 9.45 0.00 57.03
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 27 8.19 9.20 0.00 60.74
耳鼻咽喉科では短期滞在入院で睡眠時無呼吸症候群の検査のために入院する患者が144件ありますが、DPC対象外のため表示はありません。慢性副鼻腔炎は、副鼻腔に細菌やウイルスが感染することなどによって炎症が起こり、鼻づまりや鼻水、頭痛、歯の痛みなど、さまざまな症状が起こる状態が慢性的に続く病気です。副鼻腔炎は手術治療が多く、内服や局所処置などの保存的治療を行っても改善しない場合、手術治療を行っています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 20.56 20.83 16.67 81.89
010060x3990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10以上) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 15 24.40 22.78 53.33 82.93
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 14 15.36 16.51 78.57 83.00
010060x3990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10以上) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 10 15.70 21.29 50.00 68.60
- - - - - - -
神経内科では多くの脳卒中(脳梗塞や脳出血)の患者さんの治療を行っています。脳卒中は、脳の機能が障害され麻痺やしびれ感など、様々な症状を出す病気であり、発症後早期に治療を開始することが望ましいです。
(年間10件未満の件数については、表示しません)
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 23 12.26 11.73 0.00 63.30
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
皮膚科で多い症例は急性膿皮症や、蜂窩織炎など、皮膚の感染症です。感染症が悪化すると、敗血症を引き起こす場合もあります。
(年間10件未満の件数については、表示しません)
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 109 5.75 7.31 0.00 73.43
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 副傷病なし 61 4.33 5.75 0.00 62.43
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 37 7.86 9.73 0.00 76.24
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 13.00 12.23 6.90 75.59
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 26 10.04 8.94 0.00 73.00
泌尿器科では短期滞在入院で前立腺生検のために入院する症例が96件ありますが、DPC対象外のため表示はありません。
多い症例は膀胱悪性腫瘍手術で、続いて上部尿路疾患、前立腺肥大症等となっています。尿路(腎・尿管・膀胱・尿道)及び男性生殖器(前立腺・精巣・陰茎)に発生する悪性腫瘍・良性疾患・感染症も扱っています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 63 19.40 19.65 3.17 76.43
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 55 15.29 14.60 1.82 75.25
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア2 46 13.52 15.12 0.00 82.28
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なしA-DROP スコア1 45 11.84 13.51 4.44 82.76
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 19.32 20.83 13.51 79.30
呼吸器内科では肺炎が多数を占めています。肺炎は免疫力が下がると罹りやすくなるため、他の疾患に罹ってから肺炎になるケースが多くあります。続いて肺がんの症例が多くなっています。肺の悪性腫瘍の患者に対する抗がん剤治療や気管支鏡検査や気管支ファイバーなどの検査入院が多く、検査の結果、手術できない肺癌については外来および入院で化学療法や放射線療法を行っています。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 30 12.57 11.16 0.00 59.73
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 23 15.09 14.27 0.00 61.61
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 18 14.39 20.83 11.11 85.33
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 16 12.69 12.07 0.00 56.88
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 13 19.46 13.57 7.69 54.54
糖尿病の症状は口渇、多飲から始まり、網膜症や動脈硬化等、症状が重症度によって様々あり、DPCの種類も合併症の有無やインスリン注射の有無により、沢山あります。その患者さんにあった治療を選択するように心がけています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 60 9.38 12.23 0.00 63.12
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 6.94 8.50 0.00 70.94
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 27.71 20.83 12.50 83.63
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 9.42 17.71 4.17 68.96
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 21 13.24 14.55 0.00 71.81
腎臓内科で多い症例は腎不全です。腎不全は腎機能が障害され、体液の恒常性が維持できなくなる状態です。当院では、透析治療を行うための教育入院やシャントを造設するための手術を行います。また、医師・看護師・管理栄養士・臨床検査技師・薬剤師・臨床工学士などで、多彩なメンバーにより「腎臓サポートチーム」を結成し、多角的に「慢性腎臓病」対策に取り組んでいます。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 141 10.36 10.61 0.00 74.91
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 9.86 10.71 5.41 73.08
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 36 7.03 8.73 0.00 73.03
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 8.00 9.85 3.23 69.39
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 30 6.43 7.87 0.00 60.47
消化器内科で多い症例は、総胆管結石、胆のう結石、胆道狭窄などの胆道疾患です。内視鏡を用いて胆道の出口を切開し、結石を除去する治療等(ERCP関連手術)を行っています。次に、胃十二指腸潰瘍や胃がんの内視鏡的治療の症例が多くなっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 52 14 14 23 27 23 1 7
大腸癌 34 38 40 37 44 24 1 7
乳癌 25 16 3 37 13 5 1 7
肺癌 19 5 16 78 44 79 1 6,7
肝癌 6 2 2 12 17 36 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
罹患率の高い5つのがん(胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌)を病期(ステージ)ごとに入院した患者の数を集計したものです。「不明」は手術目的で退院時までに結果がでない患者、診断途中の患者や、がん以外の重篤な疾患のために精査を見合わせている症例が含まれています。当院は、がん診療連携拠点病院の機能を備えており、総合的ながん医療を提供しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 30 8.70 61.47
中等症 221 13.51 77.87
重症 47 18.68 85.00
超重症 14 19.00 83.29
不明 0 0.00 0.00
成人(20歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。当院では「中等症」の症例が最も多く、全体の約70%を占めています。高齢者ほど重症率が高くなる傾向にあり、平均在院日数も長めとなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 284 16.66 74.38 39.19
その他 12 11.75 73.17 2.03
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しています。 当院は発症3日以内の患者数が多くなっています。早期に治療を行うことで、患者さんのADL低下の防止に繋げています。 また、脳卒中地域連携パスを整備しており、地域の回復期病院や開業医と連携体制を整え、早期退院を進めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 148 1.79 2.49 0.68 69.14
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 69 0.01 12.77 5.80 67.19
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 29 3.10 8.38 0.00 77.76
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 25 1.84 2.08 0.00 68.96
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 23 1.74 6.04 0.00 71.43
循環器内科では、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)に対する経皮的冠動脈ステント留置術といった心臓カテーテル治療の症例数が多くなっています。経皮的冠動脈ステント留置術とは手足の血管から管を入れ、その管の中にさらにもうひとつ先端に風船の付いた管(バルーンカテーテル)を入れて、閉塞した冠動脈の病変部を拡張し、治療をおこないます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 108 0.33 2.87 0.00 37.24
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 102 1.41 4.50 0.00 62.06
K6335 鼠径ヘルニア手術 75 1.15 1.87 4.00 74.39
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 69 1.07 1.01 0.00 60.13
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 43 2.07 10.44 0.00 73.60
外科では、虫垂炎に対して行われる腹腔鏡下虫垂切除術が多く行われています。腹腔鏡を使用することで、患者さんの体への負担が少なくなり、入院日数の短縮にも繋がるため、虫垂切除術以外も腹腔鏡を使用した症例が多く行われています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 172 1.30 14.21 65.70 78.94
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 103 0.80 4.61 13.59 60.09
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 75 3.47 14.41 89.33 81.99
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 71 0.00 1.13 1.41 53.21
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 70 2.63 16.04 37.14 73.31
整形外科では、骨折に対して行う骨折観血的手術が多く行われています。
骨折部位により平均年齢が大きく異なり、大腿骨等の骨折では平均年齢が78.94歳と比較的高齢で前腕等の骨折は平均年齢60.09歳と大きく差があります。
年齢が高いほど、転院率も高くなり、リハビリの重要性がわかります。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 64 0.89 13.63 21.88 79.28
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 28 1.04 27.43 53.57 64.11
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 17 0.29 36.00 88.24 66.12
K1781 脳血管内手術(1箇所) 16 1.13 18.88 31.25 65.88
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 16 3.63 6.31 12.50 72.75
脳神経外科で最も多い手術は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。慢性硬膜下血腫に対して、頭蓋から血腫を洗浄除去する手術です。次に多い手術は脳動脈瘤に対して行われる、脳動脈瘤頸部クリッピング術です。当院は脳卒中センターを有しており、急性期脳卒中から幅広く対応できるようにしています。
心臓外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 18 6.78 19.78 0.00 68.61
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
心臓血管外科で多い手術は冠動脈、大動脈バイパス移植術です。人工心肺を使用する症例が多く行われています。
(年間10件未満の件数の手術については、表示しません)
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 82 4.91 5.68 2.44 33.99
K877 子宮全摘術 72 1.10 6.88 0.00 54.58
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 38 1.24 5.97 0.00 30.87
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 22 0.00 0.00 0.00 31.95
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 18 1.56 6.94 0.00 55.11
地域周産期母子医療センターとして近隣の医療機関より、リスクの高い患者さんの紹介が多く、帝王切開術の症例が多くなっています。 また、子宮癌や子宮筋腫の治療において子宮全摘術を行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 109 0.00 1.88 0.00 73.85
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
眼科入院のほとんどが手術目的の予定入院です。最も多いのは水晶体再建術で白内障に対して眼内レンズを挿入するものです。
(年間10件未満の件数の手術については、表示しません)
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 50 1.00 6.14 0.00 17.22
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 41 1.12 6.10 0.00 60.95
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 29 0.97 6.24 0.00 57.34
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 19 0.53 5.37 0.00 45.00
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 15 1.00 1.00 0.00 9.60
耳鼻いんこう科で多い手術は口蓋扁桃手術です。口蓋扁桃手術は肥大した口蓋扁桃と咽喉扁桃とレーザーで摘出します。扁桃炎を繰り返すことにより、子供に多いです。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 106 1.61 3.55 0.00 72.94
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 65 1.32 2.49 0.00 62.97
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 43 1.42 9.16 0.00 70.77
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 35 2.11 4.69 0.00 75.69
K843 前立腺悪性腫瘍手術 24 1.00 10.79 0.00 69.00
泌尿器科で多い手術は膀胱癌に対する膀胱悪性腫瘍手術です。次に多い症例は、レーザーによる尿路結石除去術です。その他にも、尿管の狭窄、閉塞等の治療目的のため、経尿道的尿管ステント留置術も多く行っています。また、前立腺癌や前立腺肥大に対する手術も行っています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 38 3.53 6.34 0.00 69.11
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
腎臓内科では、慢性腎不全等で人工透析を導入する患者さんに人工血管を作成する手術(シャント造設術)が多く行われています。
(年間10件未満の件数の手術については、表示しません)
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 114 0.89 11.32 0.88 77.50
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 63 2.37 2.62 1.59 75.86
K654 内視鏡的消化管止血術 48 0.40 6.98 8.33 71.79
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 47 1.02 6.68 0.00 70.15
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 36 0.44 5.58 0.00 73.03
消化器内科では、内視鏡を用いた手術を行っています。最も多いのが、閉塞性黄疸等に対する内視鏡的胆道ステント留置術です。続いて、大腸にできるポリープは、短期間入院して頂き、主に内視鏡的ポリペクトミーにより治療しています。また、総胆管結石では、内視鏡的十二指腸乳頭切開(EST)し砕石術を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2 0.02
異なる 18 0.17
180010 敗血症 同一 36 0.34
異なる 22 0.21
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.01
異なる 4 0.04
180040 手術・処置等の合併症 同一 49 0.47
異なる 2 0.02
医療資源を最も投入した病名と、入院のきっかけになった病名が、同一か異なるかで集計をしています。
更新履歴
平成30年9月25日
公開

※平成29年4月1日から平成30年3月31日までの退院患者さんが対象となっており、年齢は入院時の年齢を基に集計しています。
※入院後24時間以内の死亡された症例や生後1週間以内に死亡された症例は、厚労省の公開ルールで集計対象外となっています。